スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片頭痛、花粉症に『ペタドレックス』東急ハンズで大人気

片頭痛、花粉症に

『ペタドレックス』

東急ハンズで大人気


片頭痛や花粉症に人気の高いサプリメント『ペタドレックス』

インターネットショッピングモールにおいてランキングの常連で、
東急ハンズでも売り上げナンバー1を獲得した人気の商材です。




【初回限定価格】西洋フキのサプリ『ペタドレックス』


初┃め┃て┃の┃方┃限┃定┃!┃ペ┃タ┃ド┃レ┃ッ┃ク┃ス┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

某WEBショッピングモールでランキングの常連、
東急ハンズでも人気のあの西洋フキのサプリメント、

ペタドレックス1ウィークパック(14粒入り)が、
初めて購入の方限定で、


【40%OFF】
http://www.affilitool.com/file/26207.html

…………‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・・・・・・・・・☆

・ズキンズキンと片頭痛に悩まされている
・花粉の季節が苦手
・女性特有の悩み、アノ日がつらい

…………‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・・・・・・・・・☆
ドイツコミッションE認定の西洋フキの『ペタドレックス』
 
 1日たったの2粒だからとっても続け易い♪

     ┗ 62%の高い実感力 
     ┗ ドイツコミッションEの信頼性 
     ┗ 天然素材ハーブだから安心
     ┗ 希少のこだわりの原料 
     ┗ ドイツ医薬品レベルの品質管理 

    
・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・
http://www.affilitool.com/file/26207.html

ハーブを積極的に活用しているドイツでは、ハーブ生まれのサプリメントが豊富にあります。

西洋フキから生まれた「ペタドレックス」は、
既に30年以上の販売実績を持つドイツ、Weber & Weber社が開発した
製品です。

キク科の植物であるフキには、肝毒性のある
ピロリジディンアルカロイド(PAs)が含まれていますが、
ペタドレックスに用いるフキ抽出物は、
抽出時にPAsの除去を行っていますので、安心・安全です。

「ペタドレックス」は、 ドイツで1972年に販売を開始して以来、
欧米では知らない人がいないくらい幅広く利用されており、
そのパワーのほどはすでに世界で証明されています。

http://www.affilitool.com/file/26207.html

栄養成分表示 1カプセル(410mg)当たり
フキ抽出物 : 50mg(ペタシン・イソペタシン7.5mg以上含有)
エネルギー : 3.0kcal
たんぱく質 : 0.095g
脂質 : 0.251g
炭水化物 : 0.048g
ナトリウム : 0.321mg
お召し上がり方 1日1~2カプセルが目安

「ペタドレックス」の主成分

「ペタドレックス」の主成分は、西洋フキ(バターバー)の根から
抽出される「ペタシン」という天然成分だから安心。

天然ハーブのやさしい力が、春先特有の重苦しさや、
頭のズキズキをやわらげてくれます。

早春の味覚として親しまれている日本のフキとは
種類が異なる西洋のフキは、2000年以上前の古代ギリシャ時代から、
万能のハーブして用いられてきました。

以来、西洋フキに対する人々の興味は尽きず、
数々の研究が行われてきました。

そして科学が進んだ現代では、西洋フキ成分に関する研究が
飛躍的に進んでいます。

「ペタドレックス」は天然成分で、しかもその成分に関してはしっかり研究されているサプリメントだから、安心してめしあがることができます。

http://www.affilitool.com/file/26207.html

長~く続けなければ効果が実感できない、というのが
一般的な健康食品です。

しかし、「ペタドレックス」は予防的に用いても、
不調を自覚してから摂っても、その働きは実感できます。

そもそも春先から始まるさまざまな不快感は、
体内に入りこもうとする花粉を排除するために放出される
ヒスタミンやロイコトリエンという化学伝達物質によって
引き起こされます。

また、未解明な点が多い頭の痛みも、
セロトニンやロイコトリエンなどの伝達物質が関与していると
言われています。

「ぺタドレックス」は、西洋フキ独特の成分ぺタシンを含んだ、
医薬先進国ドイツの知恵です。

「ペタドレックス」は、予防的に長く摂るのがベストですが、
不快になってからでも、手遅れではありません。
いつからでも手軽に始められる、心強い味方です。

http://www.affilitool.com/file/26207.html



西洋フキは、ルバーブや日本のフキとは違う

ルバーブは外見がフキに似ていることから、西洋フキとの呼称もあるようですが、植物学上「フキ」ではありません。
西洋フキは、キク科(Asteraceae [ Compositae ])フキ属(Petasites)の植物です。
ルバーブは、タデ科(Polygonaceae)レウム属(Rheum)の植物です。


西洋フキ
 キク科の多年草
 学名:Petasites hybridus
 和名:西洋フキ、ヨーロッパブキ
 英名:Butterbur

ルバーブ
 タデ科の多年草
 学名:Rheum rhaponticum L.
 和名:食用大黄(ショクヨウダイオウ)
 英名:Rhubarb

また「ペタシン」は西洋フキ特有の成分で、食材として用いられている日本のフキ(Petasites japonicus)には含まれていません。
http://www.affilitool.com/file/26207.html
スポンサーサイト

タグ : 片頭痛 花粉症 ペタドレックス 東急ハンズ 大人気 西洋フキ ドイツ 成分表示

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー
サプリメント
「サンテアージュ」に興味を お持ちの方
ニナファームジャポン社
0120-127-237へ

無資金で50万稼ぎ続ける方法
【費用ゼロ】で月収50万円稼ぎ続ける★アフィリエイト爆増販売・宣伝戦略術

こちらから←ここをクリック

プロフィール

sigezea

Author:sigezea
ようこそ,サプリ健康法へ。管理人のsigeこと東平と申します。
貴方といつまでも若々しく健康でいることが私の願いです。
ご質問は↓
こちらから

最近の記事
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
推奨

ニナファーム一般販売人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。