スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える

31 まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える

まぶただけでなく、どの人間の筋肉も使わないでいると弱まっていきます。

まぶたを支える筋肉も例外ではなく、
加齢などの要素も加わってまぶたはますますたるみが出るのです

まぶたの筋肉の力を落とさないために、適度に筋肉を鍛えると、
まぶたのたるみを予防するのにも効果的です

目の周囲には眼輪筋という筋肉があり、使わないでいると
筋力も低下してしまいます。

眼輪筋は特に意識しなければ使うことのない筋肉ですが、
日々鍛えるようにすればまぶたのたるみを予防することはでき、
同時に表情筋も鍛えるようにすると表情も生き生きと
豊かにすることができます。


瞬きをわざと繰り返すようにすると、眼輪筋を鍛えることは可能なのです。

下まぶたに関しては、普段の瞬きなどでも動かすようなことは
ほとんどありませんが、指で上まぶたを押さえて、
下まぶたが持ち上がるような瞬きをしてみましょう。

そうすると、下まぶたの運動になってまぶたの筋肉が鍛えられ、
まぶたのたるみが軽減されます。

そして顔全体の運動として、
顔を中心に集めるようにしたり大きく広げたり、
目をぱっとひらいてからしっかり閉じたりする動作を繰り返しましょう。

こんなまぶたの瞬きの運動もまぶたのたるみを
解消するのに有効です。

毎日のちょっとあいた時間に数分間続けることにより、効果が現れます。
場所や時間もきにせずにできる簡単な運動なので、
毎日続けてまぶたのたるみを解消しましょう。


まぶたのたるみ予防筋肉鍛える加齢眼輪筋表情筋瞬き下まぶた運動解消


スポンサーサイト

タグ : まぶたのたるみ 予防 筋肉 鍛える 加齢 眼輪筋 表情筋 瞬き 下まぶた 運動

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー
サプリメント
「サンテアージュ」に興味を お持ちの方
ニナファームジャポン社
0120-127-237へ

無資金で50万稼ぎ続ける方法
【費用ゼロ】で月収50万円稼ぎ続ける★アフィリエイト爆増販売・宣伝戦略術

こちらから←ここをクリック

プロフィール

sigezea

Author:sigezea
ようこそ,サプリ健康法へ。管理人のsigeこと東平と申します。
貴方といつまでも若々しく健康でいることが私の願いです。
ご質問は↓
こちらから

最近の記事
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
推奨

ニナファーム一般販売人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。